tommmmyの思う、WEB標準に準拠した(X)HTMLやCSS・デザイン・Mac・phpのTipsなど

www.flickr.com

Diary

整理法とLifehack

超素敵で無駄にエロいおひげをお持ちのwebmugiさんのエントリーより。

仕事を支えるLifehack的なもの

こちらのエントリーにある、野口悠紀夫さんの「超整理法:押し出しファイリング」というのが非常に気になり、エントリー書いています。

どうやら読んでみると、下手にカテゴリを分けず、時系列でどんどんと並べていく、というもの。

わたしはというと…

ものすごく、無駄にカテゴリ分けをします。どちらかというと、ルーズリーフで12の見出しシートタグを買ってきて、無駄にカテゴライズする。最初からカテゴリを決めておいて、これ系のものはここへ、あれ系のものはあそこへ、という形で分類する。
が!カテゴリなんか、やっていくうちに変わっていってしまうもの。
そのうち、そのカテゴリ自体がなくなったり、統合されたりして、中途半端に書かれたルーズリーフが残り、結局活かされずにお蔵入り…ということが多々ありました。

今の仕事でも、書類が増えつつある。もちろん、収納用クリアファイルは2つ。すでにカテゴリ分けが始まっています。また、ノートも手帳をあわせると3つ。持ち過ぎやろ!

そして、結局カテゴライズしきれず、放置、と。。。

そんな整理下手を克服するべく、このエントリーで整理します。

まず、野口悠紀夫さんの「超整理法:押し出しファイリング」をひととおり目を通してみてください。

時系列整理の良さ

  • たいがい使うものは、毎日決まっている。普通の仕事では、同じ資料を数日間使い続け、その後は使わなくなることが多い。
  • 最近のことなので、何がどこにあるかも比較的よく覚えている。

時系列整理における不安点

  • なが〜い時間が経ってしまったものはどこにあるかまったくわからなくなる。
  • 会議の資料など、その時点で終わってしまうものはよいが、ずっと使い続ける、何かあったときに見返さなければならないものは、長い間放置しておいては行方不明になってしまう。

打開案

  • 基本的に資料は時系列で並べていく。
  • マニュアルや○○表など、その都度見返して参照しなければならないものは、別のファイルで管理する。
  • ノートも基本的には時系列で書いていく。中でもスケジュール的なものはカレンダーで管理する。

こうしてみると、ファイルは最低2コ、ノートは1コですむ。

現在のわたしの整理基準と、今後の改善点

ファイル

  • 時系列のもの(マニュアル系も含む)×1
  • 授業用資料ファイル×1
⇒マニュアル系×1、会議資料×1、授業用資料×1を、時系列でファイリング

ノート

  • 1日ごとに業務内容のメモや、教えてもらったマニュアルをメモしているもの
  • スケジュール帳(月ごとには仕事の予定、週ごとにはプライベートの予定)
  • マニュアルをまとめていくもの
⇒メモとスケジュール帳をまとめる、+マニュアルノート

このようにしようと思う。とすれば、ほぼ日手帳とかめちゃ使えるかもしれない。月ごとのところには仕事や相談の予定を、日ごとのページはその日のメモとして使えばいい。(プライベートでは別途必要)

と、いろいろと自分の書類整理をどうしようかという話をしてきたが、こういうことを考えること自体がわたしのLifehackになっているのかもしれない。

もしよければ、みなさまの整理法なども、ぜひぜひお聞かせください!

Tags: ,

by tommmmy at 2007-10-10-Wed 00:11 in Diaryこのエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク

この内容に関連してそうなエントリー

▲pageTop

TrackBack(0)

TrackBack URI:

▲pageTop

Comments(0)

Post a Comment

▲pageTop

hands in handsとは?

"hands in hands"とは、もともと「手を携えて」という意味です。仕事をしていく上で、もっと言えば生きていく上で必ず必要な仲間、人の手。そのつながりを大切にしつつ、お仕事のアウトプットをしていくブログです。

search

  • 人気ブログランキング - hands in hands
  • このフィードをはてなRSSに追加する
  • テクノラティジャパンに追加する
  • powered by Movable Type3.34
  • Creative Commons License