tommmmyの思う、WEB標準に準拠した(X)HTMLやCSS・デザイン・Mac・phpのTipsなど

www.flickr.com

Seminar

会社の教育制度や人材などについて

タイトルのとおり、お話をさせていただこうと思っているのですが、これらのことに関して、「うちではこんな教育制度やってますよ!」とか「こんなやり方どうですか?」とか「これってどんな感じですかね?」みたいなご質問とかありましたら、事前にご連絡いただけますと、それもふまえて考えたいと思っています。

こちらのコメントに書きにくい場合は、直接ご連絡いただけますと幸いです。

info(@)tommmmy.com ←かっこをはずして@を半角に変えてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Tags:

by tommmmy at 2008-05-29-Thu 02:25 in Seminarこのエントリーをはてなブックマークする このエントリーを含むはてなブックマーク

TrackBack(0)

TrackBack URI:

▲pageTop

Comments(5)

hiloki said...

最近うちのデザイン部でも勉強会をはじめようとしてるんですけど、いわゆる勉強会としてどういうやり方がいいんだろなーと悩んだりします。

あ、あとうちの場合は動画をよく活用してます。毎回教育担当が付くのではなく、ルーティンなものなら動画で済ませます。で、コミュニケーションも大事にはするので、それはそれで別の場で交わすようにしてますね。

at 2008-05-29-Thu 18:29

tommmmy said...

■hilokiさん
コメントありがとうございます。
動画、確かに有効ですよね!オンデマンドというか、なんというか…

参考にさせていただきます、ありがとうございます!

at 2008-06-03-Tue 02:44

通りすがりの said...

教育と言うのは、教え育む事。
つまり育まれなければ、教育とは言えない。

それを考えると、どのような方法であれ
その人が理解し内容をこなすことができるようにならなければ、教育とは言えないのではないだろうか。

教えてやってると言う様な、高慢な考え方にはなっていないだろうか。

いつもそんなことを思います。
教育機関ではなく、サービス業である事を思えば、ますますそうなるわけです。


とすると、施策としてはどこに基準を置けばいいのかとなり・・・

続きはまた気が向いたら。

at 2008-06-22-Sun 11:40

tommmmy said...

■通りすがりのNさん
コメントありがとうございます。
そうですね。
わたしの場合は、わかったときの喜びを共感したい。そしてそれがその人の興味・勉強意欲につながれば、と思っています。
決して知識が多いから偉いわけではないし、逆にその知識を共有したいために教える。
そんな思いで、いつも仕事にのぞんでいます。

「先生ありがとう」と言われると、やっぱり嬉しいですけどね。

はやく気が向いてくださいww

at 2008-06-24-Tue 03:51

UGG ブーツ格安 said...

おいしい、そしてかんたんな一品です。

at 2011-12-02-Fri 17:57

Post a Comment

▲pageTop

hands in handsとは?

"hands in hands"とは、もともと「手を携えて」という意味です。仕事をしていく上で、もっと言えば生きていく上で必ず必要な仲間、人の手。そのつながりを大切にしつつ、お仕事のアウトプットをしていくブログです。

search

  • 人気ブログランキング - hands in hands
  • このフィードをはてなRSSに追加する
  • テクノラティジャパンに追加する
  • powered by Movable Type3.34
  • Creative Commons License