ここが発生源

発生源、ターゲット先はそれぞれタグやid、classで指定できる。

spanで囲まれたところが、ターゲットとなりますよん。